サポンテ 勉強ノート

サポンテの勉強ノート・読書メモなどを晒します。

Sphinx の commonmark でリンクやアンカーを設置する

はじめに

私は reStructuredText(以下 rst)を使ってて commonmark を使っていないので関係ないのですが、選択肢は多いほうが良い。

commonmark を使っているような方なら、ひょっとしたらすでに知っている情報かもしれませんが、知らなかったり、あるいは commonmark からいずれ rst へ移行したいと考えている方がいるかもしれないため、記法別の対比とともにここに記しておきます。

続きを読む

仕事をしているときのフォントとカラーテーマ(Myrica, Ricty, Solarized)

これは何?

IT エンジニアは終日 PC の画面を見続けます。主にテキストエディタの編集画面を見つめ続けます。そのような状況にあっては、視界に入るものはできるだけ目にやさしいものにしたい。この記事はそのような独白です。

選択肢としては字体を決める「フォント」と、文字色や背景色を決める「カラーテーマ」を変更するという手段があります。

続きを読む

2018年に読んでよかった本

はじめに

ほんとうは年末にこのような記事を書くことができていれば良かったのですが、筆が遅い上に自宅にネットがないので年をまたいでしまいました。

2018年中に読んだ本は126冊になりました。100冊は読みたいと思っていたのでこの結果には満足しています。2019年もこのペースを続けることができればと思います。

読んだ本はタイトルと最大三つの星でレーティングを行っていました。その中で三ツ星を付けた本を紹介したいと思います。

続きを読む

「PC を再起動させる」は間違いか

はじめに

髪を切る際の待合席で読んだ週刊誌に「『PC を再起動させる』(中略)といった間違った日本語が...」という記述がありました。それについて書きたいと思います。

記事の内容は PC に関連する記事でもなければ日本語の乱れについて書かれたものでもありません。すでに記憶がまったく定かではありませんが、上記の部分だけが心に残っています。

何が間違っているか

さてこの週刊誌記事には「なぜそれが間違いなのか」が書かれていませんでした。記事の主旨ではないので省略されたのでしょう。なので間違いだとする理由については推測するしかありません。

続きを読む

Windows タスクスケジューラーで PostgreSQL の vacuum や pg_dumpall を行う際の注意事項

はじめに

ときどき実施が必要な PostgreSQL の vacuum。定期的にタスクスケジューラで以下のようなバッチを起動するよう設定していましたが、動作していないことがわかりました。

REM バッチファイル
vacuumdb -U foo -a -w > "vacuum.log"

バックアップのために pg_dumpall もタスクスケジューラから定期的に実行していますが、こちらも同様に失敗しています。

続きを読む

ハードタブ VS ソフトタブ

長く続く争い

プログラムを記述する際のインデントにタブ文字を使うか、複数のスペースを使うか。ここには大きく長く続く宗教論争があります。

「宗教論争」という言葉には「一部のコアな人たちだけのもので、一般人には縁遠く無関係な論争」という皮肉めいた意味がこめられています。しかしプログラマたるもの、考えなしににコーディングするわけにはいきません。理由があるならちゃんと考えないと。

私はスペースを用いる派です。

ちょっと気になることがあったので今回は調べてみました。

プログラミングのコードを書く時のタブvsスペース戦争がついに決着 | ギズモード・ジャパン

派閥の大きさに関して言えば、ほぼ決着していると見て良さそうです。私はあまり関心を持ってこなかったので両者の主張をもう一度じっくりと調べてみましょう。

続きを読む

Developer's Code 本物のプログラマがしていること(アスキー書籍)

Developer's Code 本物のプログラマがしていること (アスキー書籍)

Developer's Code 本物のプログラマがしていること (アスキー書籍)

この本は、最後にこう結ばれています。

誰かが僕に「仕事は何なの?」って聞いてきたら、僕はこの本を渡してやるんだ。これはそのための本なんだ。

これは実際に作者のほんとうの気持ちかもしれません。でもおそらくは多くの開発者の心を代弁したものであると感じました。

この本は、エンジニアリングに関する本ですが、この本を読んで何かを身につけるというものではありません。エンジニアリングに関するエッセイがつまった本です。

技術書じゃないのか。読みたくなくなりましたか?自分の本棚に置いておくような本ではないと感じますか?サポンテはそうは思いませんでした。何となく折りに触れ読み返してみたい、そんな本でした。

本には、「あ、自分のことが書いてある」と思えるものがあります。新しい知識を得る。新しい世界を見る。そのために読む本というのも確かにあります。そのような読書をしていても、まれに、読んでいるこちら側の心のうちを、なんとなくモヤモヤとはっきりと言葉にできなかった気持ちを、明確にしてくれる本に出会うことがあります。

本に出会うまではっきりとしなかった、むしろ意識すらしていなかった「モヤモヤ」は、経験の中で気付かないうちに刺さった棘のようなものだったり、時代の雰囲気だったりというものです。こうした「モヤモヤ」を明確にすることで、人は前へ進んだり、深い知見を得たり、人に共感できる部分が増えたり、その深みを増すことができます。

「モヤモヤ」をそのままに日々を過ごすことはできるかもしれませんが、勇気を持って前へ進むにはモヤモヤをひとつひとつ丁寧にはっきりさせる作業が書かせないと思うのです。

この本はまさにそんな本でした。この本はエンジニアとして生きる私に、いくつかの示唆を与えてくれました。時を経てまた別の機会に読めば、また別の示唆を与えてくれるのではないかと思います。

またこの本には、ひとつひとつの話題に関連していくつかの参考書籍が紹介されていましたが、それらの本もかなり読みたくなりました。そうした指針になったという点でもこの本を読んでよかったと思います。

本を読みながらいくつかメモをとりましたが、ひとつのセクションのタイトルでもある「アサイチで自分の仕事をテストしよう」は明日からでも取り入れてみようと思いました。