サポンテ 勉強ノート

サポンテの勉強ノート・読書メモなどを晒します。

魂のこよみ(ルドルフ・シュタイナー著、秦理恵子訳)

[asin:4756500943:detail]

はじめに

こちらもシュタイナーの本です。シュタイナーが多いですが仕方ありません。マイブームです。

この本は原題が「Anthroposofhischer Seelenkalender」、直訳すると「人智学の魂のこよみ」でしょうか。

復活祭__4月。つまり春__を第一週として一年間を52に区切り、その時々にふさわしい詩をシュタイナーは書いています。どうしてこのような詩が書かれたのでしょうか。

続きを読む

Inkscape でテキストをコピペすると背景が白くなる

はじめに

Inkscape を使っている Mac ユーザーの方のための情報です。他のプラットフォームでは事情が異なるでしょう。

事象

Inkscape 上でコピーしたテキストオブジェクトをペーストすると、背景色が白くなってしまうことがあります。

f:id:saponte:20180115190121p:plain

続きを読む

一日をふり返る10か条

はじめに

さまざまな良い習慣をつくるために、寝る前に毎日をふり返ることをしようと考えました。そう思った経緯とはじめることになった「ふり返り」を書きたいと思います。

ついつい夜更かししてしまう

ついつい夜更かししてしまう人が居ます。私もそうなりがちですが。

その理由に、その日に満足していないからというものがあるそうです。

夜更かしをしてしまう心理的メカニズムが解明!「今日に満足していないから充実の遅れを取り返そうとしている」 | netgeek

なるほど腑に落ちるはなしです。しかし何気ない日々をいつも充実して過ごすのは難しい。では発想を変えて、どのように過ごせば充実したと言えるのか、少なくとも夜更かしをしなければならないほどの焦燥感をやわらげるために何をしたらよいかを考えましょう。

続きを読む

言語の壁がもたらすもの

めいろまさんの新しい記事が公開されました。

炎上Youtuberと人種差別と日本人の怒り|世界のどこでも生きられる|May_Roma|cakes(ケイクス)

海外の Youtuber がお化け屋敷感覚で日本の樹海に入り、遺体を見つけてそれを配信したとのことです。知りませんでした。さまざまな観点から炎上必至なことだと思いますが、めいろまさんは Youtuber の所属する社会環境における差別意識が顕在化した事例として被差別側の日本はもう少しそのあたりを主張し、怒りの声を上げても良いはずだと言います。

それ自体異論はありません。件の Youtuber にはよくよく反省をしていただきたいと思います。

異論ありませんが、わが身に置き換えてみますとあまり声を大にできないような気がしてきます。つまり日本国内にはそのような社会環境がないと、はたして言えるのでしょうか。

続きを読む

スウェーデン式 アイデア・ブック(フレドリック・ヘレーン著 ダイヤモンド社)

スウェーデン式 アイデア・ブック

スウェーデン式 アイデア・ブック

f:id:saponte:20180106150128p:plain

針を探す

アイディア生成のための30のヒントが絵本のようにつづられています。この本は次のような書き出しで始まります。

続きを読む

考えることから生きることへ―ルドルフ・シュタイナーの思想を現代に生かす (フランシス エドマンズ 麗沢大学出版会)

考えることから生きることへ―ルドルフ・シュタイナーの思想を現代に生かす

考えることから生きることへ―ルドルフ・シュタイナーの思想を現代に生かす

はじめに

日本語に訳されているシュタイナーの本は多くはありません。あまり需要も無いのかもしれませんが。入門の本は何冊かありますが、それらを読んですぐに原典(シュタイナー自身の著作や講演録)に手をつけても、その段差が大きくてつまづくことが多いでしょう。この本はその空白を埋めるもので、入門の次のステップとして読むのにちょうどいい内容であるように思います。

続きを読む

農業講座 第六講(段落31〜38)(「農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎」ルドルフ シュタイナー (著), 市村 温司, 新田 義之, 佐々木 和子 (共訳) イザラ書房)

農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎

農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎

ノート

前回の続き、第六講のノートです。植物の病気について書かれています。

続きを読む