サポンテ 勉強ノート

サポンテの勉強ノート・読書メモなどを晒します。

ルビの入力って面倒ですよね 【Markdown/HTML/CotEditorスクリプト】

はじめに

 Markdown でブログ書いていても、読み仮名は HTML で書く必要があります。読み仮名、ときどき入れたくなります。「人智アントロポゾフィー」とか。しかし、いまいち手間なんですよね。

CotEditor のスクリプトを書いた

 ブログの編集に使っている CotEditor で入力しやすいように、AppleScriptスクリプトを書きました。

 せっかくなので共有します。よろしければ CotEditor のスクリプトフォルダに入れてご利用ください。

ルビを振る.scpt

-- 開発環境:
-- AppleScript 2.7
-- CotEditor 4.0.2(457)
-- macOS Catalina 10.15.7

tell application "CotEditor"
    tell document 1
        -- エディタの選択文字列を取得する
        set src to contents of selection
        if src = "" then
            set existsSelectedWord to false
        else
            set existsSelectedWord to true
        end if
        
        -- 最初のダイアログ
        try
            set theResponse to display dialog "ルビを振る文字列を指定してください。" default answer src buttons {"キャンセル", "次へ >"} default button "次へ >"
            if button returned of theResponse = "キャンセル" then return
        on error
            return
        end try
        set src to text returned of theResponse
        if src = "" then return
        
        -- 最初にエディタで文字列が選択されていなければ選択状態にする
        if not existsSelectedWord then
            findNext(src) of me
        end if
        
        -- 2回目のダイアログ
        try
            set theResponse to display dialog "ルビを指定してください。" default answer "" buttons {"キャンセル", "変換する"} default button "変換する"
            if button returned of theResponse = "キャンセル" then return
        on error
            return
        end try
        set ruby to text returned of theResponse
        if ruby = "" then return
        
        -- 変換する
        replaceSelection(src, ruby) of me
        
        -- 変換できそうなものがあり続けるなら繰り返し変換するか尋ねる
        repeat
            findNext(src) of me
            set theRange to range of selection
            set theLength to (item 2 of theRange) + 0
            if theLength = 0 then exit repeat
            try
                set theResponse to display dialog "続けて変換しますか?" buttons {"キャンセル", "変換する"} default button "変換する"
                if button returned of theResponse = "キャンセル" then exit repeat
            on error
                return
            end try
            replaceSelection(src, ruby) of me
        end repeat
    end tell
end tell

on replaceSelection(src, ruby)
    set replacement to "<ruby><rb>" & src & "</rb><rp>(</rp><rt>" & ruby & "</rt><rp>)</rp></ruby>"
    tell application "CotEditor"
        tell document 1
            set contents of selection to replacement
        end tell
    end tell
end replaceSelection

on findNext(src)
    tell application "CotEditor"
        tell front document
            set selRange to range of selection
            set startPos to (item 1 of selRange) + (item 2 of selRange)
            set range of selection to {startPos, 0}
        end tell
        find front document for src & "(?!<\\/)" with wrap and RE
    end tell
end findNext

 以下の環境で確認。

使い方

 スクリプトを起動すると、ルビを振りたい単語の入力を求められます。CotEditor 上で選択している文字列があれば、それが初期入力されています。

f:id:saponte:20210819195726p:plain

 「次へ」ボタンをクリックすると、振りたいルビの入力を求められます。

f:id:saponte:20210819195839p:plain

 「変換する」ボタンをクリックすると、HTML の ruby タグに変換します。

f:id:saponte:20210819200021p:plain

 続けて文章の中に含まれる同じ単語を選択状態にし、同じように変換するかどうか、確認を求められます。「変換する」をクリックすると、クリックするたびに単語に ruby タグが設定されていきます。

 たくさん変換したい場合はキャンセルして、最初に変換された文字列で CotEditor の検索・置き換え機能を使った方が早いでしょう。

最後に

 振りたいルビは、元文字列から再変換して自動入力したい。